お歳暮の選び方を考えよう

お歳暮の時期が近づくと、贈る品物を決めてしまうまで気持ちが落ち着かない方も多いのではないでしょうか。百貨店などの広告もここぞとばかりあおってくるので余計に気持ちが落ち着かないものです。お歳暮は、感謝の気持ちを贈るという考えからあるものですが、今は少しずつ変わってきているようです。不景気ということもあるのかもしれませんし、人に対してドライな感情を持つ人が増えてきているのかもしれません。

しかし、感謝の気持ちを贈りたいという人はまだまだいますので、このような制度が無くなることはないでしょう。お歳暮を贈ると決めたら、喜ばれるものを贈りたいものです。毎年同じものを贈るのも良いですし、毎年違うものでも、贈られる側は、楽しいかもしれません。同じものを贈る場合は、一度送ってみて、お礼を言って下さったときにそれとなく相手の表情を読んでみましょう。

嬉しそうであれば、毎年その商品を送り続けても良いのではと思います。同じものでしたら、贈られる側はそれをあてにできますので、それを購入する必要はなく良いかもしれません。特にお正月用の食材などは、重宝がられることがあります。毎年違うものを贈る場合は、やはり相手の家族構成や好みをしっかりと考えて贈る必要があります。

自分の趣味だけで贈ると、贈られる側は困ってしまうこともあります。しかし、毎年違ったものを貰うのも贈られる側は楽しみな面もあります。どちらにしても贈る側は予算もありますし、悩まれるでしょう。しかし、お歳暮というものは品物でなく気持ちですので、仰々しく考える必要はありません。

また、選ぶ悩みはありますが、贈る相手の方に感謝の気持ちさえあれば、自然に喜ばれるものを選んでいくのではないでしょうか。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です