お歳暮を贈る際のマナー

お歳暮は年末に贈れば良い、ただ漠然とそう思っている人もいるのではないでしょうか。しかし、贈る際にはいくつかの注意点があります。お歳暮は、お世話になった方へ1年の感謝を込めて贈るものです。地域によって異なりますが、正式には12月上旬から12月20日頃の間に贈るのがマナーとされています。関東では12月に入るとすぐ贈るという地域もあるようです。では、どんなものを贈るのが良いのでしょうか。

 

まず、一般的にお歳暮の相場は3、000円から5、000円と言われています。親戚であれば3、000円程度、上司や先輩、取引先等の目上の人であれば5、000円程度のものを贈ると良いでしょう。特にお世話になった方であれば、10、000円程度のものを贈るという人もいますが、あまり高価なものを贈るともらった人も困るので注意してください。贈るものは相手の好みに合わせるのが一番ですが、カタログギフトやお菓子の詰め合わせ、海産物やハム・ソーセージ等の肉加工品のセットが人気のようです。デパートに行けばギフトコーナーがあったり、ネットで注文できるカタログが置いてあったりするので予算に合わせて選ぶと良いでしょう。お歳暮を贈る際はのしをつけるのがマナーです。

 

紅白の蝶結びのものを選び、表書きは「御歳暮」とします。会社関係であれば贈り主を明記しますが、個人で贈る場合はなくてもかまいません。特にお世話になった方へ送る場合は挨拶状を添えるか、届くころにハガキか手紙を送るのが礼儀です。以上がお歳暮を贈る際の基本的なマナーとなります。ポイントをしっかり押さえて互いに気持ちの良い関係性を続けていけると良いですね。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です