お歳暮を贈る際に気を付けておきたいこと

お歳暮というのは年の暮れ、歳末・歳晩を指しますが、一年の終わりである12月の季語でもあります。日本では一般的には暮れにお世話になった方に対して感謝するなどの歳暮周りと呼ばれる年中行事が行われています。このときに贈り物として使われる贈答品がお歳暮と呼ばれ、贈り物の贈る習慣を指すことが最もポピュラーな使われたでありますが、この贈り物を贈る際には当然ですが気を付けておけないといけないルールがあります。親しき仲にも礼儀ありなのです。

贈るのが早すぎたり、遅すぎたりするという問題は以外にも多く、近年は相手方の家に持参して手渡しする方法ではなく、宅配便で贈る為に起きている現象といえます。しかし年末の多忙な時期に相手の家に届いても逆に迷惑をかけてしまったりしてしまいます。理想的な期間としましては11月下旬くらいから12月の半ばくらいまでに届くようにするとよいでしょう。また相手へ贈る品にも細心の注意が必要です。

感謝の気持ちを示したいからといってあまりに高価な贈答品を贈ってもかえって相手に気をつかわせてしまう事もあります。そして先程も述べたように時期の通りにお歳暮を贈るには、誰に贈り物をするか明確に決めておく必要性があります。贈り先が決まったらいよいよ品選びです。相手の家族構成や趣味嗜好をあらかじめ知っているならばそれに合うような品物を選びます。

何を選んだらよいか分からない場合は商品券やギフト券など多目的に使用出来るものや日持ちするお菓子や海苔の詰め合わせなどが喜ばれるのでそれらを贈ってみてはいかがでしょうか。お歳暮のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です